キャバクラの醍醐味!アフターをするためのコツ

カテゴリー キャバクラの遊び方0件のコメント

アフターってなに?

キャバクラの醍醐味といえば、やっぱりアフターです。アフターを制する者はキャバクラを制すと言ってもいいくらい、キャバ嬢と仲良くする上でアフターは大切です!まずは、キャバクラのアフターの仕組みを説明します。アフターのシステムやコツを知って、キャバ嬢とのアフターを楽しんで下さい。

アフターって何をするの?

アフターとは、お店の勤務時間が終わった後にキャバ嬢と店の外で会うことです。勘違いされやすいのですが、アフターは自分が帰るタイミングではなく、キャバ嬢の仕事が終わるタイミングで会います。つまり、自分がキャバクラから帰る時になってもまだキャバ嬢の勤務時間が残っていたら、どこかで時間をつぶして勤務が終わるのを待っていないといけません。仕事終わりで私服に着替えたキャバ嬢と待ち合わせるのは、デート気分で楽しいですよ!

アフターでは、店外で待ち合わせた後に食事に行くのが一般的です。男としては、あわよくばホテルに…なんて妄想をしがちですが、そう上手くは行きません。キャバクラはあくまで疑似恋愛を楽しむ場所です。アフターでは、キャバ嬢と食事をして仲良くなるプロセスを楽しみましょう。

アフターするためのコツ

キャバ嬢は同伴すると手当てがつきますが、アフターの場合は完全な時間外労働です。そのため、アフターに誘うためには、キャバ嬢をその気にさせなくてはいけません。僕が実践している、アフターするためのコツをご紹介します。

信用してもらうようにする

アフターはキャバ嬢と仲良くなるためのステップのひとつです。そのためには、まず信用してもらわないとアフターを成功させることはできません。まずは、お店の中でたくさん話してキャバ嬢からの信頼を得ましょう。

キャバクラを勘違いしている人がやりがちな失敗なのですが、いきなりホテルに誘ったり、しつこくアフターを引き延ばしたりするとせっかくの信頼が失われてしまいます。ホテルには誘わない、食事が終わったらタクシー代を渡して別れる、などはアフターの最低限のマナーです。キャバ嬢は仕事の後にわざわざプライベートな時間を使ってアフターに付き合ってくれます。そんなキャバ嬢の好意に応えるためにも、アフターでは紳士的な態度を保って下さい。まずはコツコツと信用を積み重ねることで、次のアフターに繋げることができます。

アフターの時間を決める

お気に入りのキャバ嬢とアフターできたら、できるだけ長く一緒にいたいというのは男としては当然です。しかし、アフターに誘う時は必ず何時までと伝えておきましょう。
キャバ嬢の勤務が終わるのはだいたい深夜です。それからアフターに付き合ってもらうと、軽く食事をしただけでも結構遅い時間になります。あまり遅い時間まで連れ歩くのは翌日にも響くので、キャバ嬢を長時間拘束するのは避けましょう。特に、朝までキャバ嬢に付き合ってもらうのは、完全に嫌われるパターンです。

僕がよくアフターに誘う時のテクニックなのですが、食事の時はラーメン屋を利用します。長居ができるお店ではないし、食べたらさっと解散すれば、キャバ嬢の負担も少ないからです。キャバ嬢の方も、ラーメン屋に行くとわかればそんなに長居しないなという予想がつくので、気軽に誘いに乗りやすくなり、アフターに誘う成功率は高いです。

アフターするお店や場所を女の子に指定してもらう

アフターで一番失敗が少ないのは、最初から女の子にお店や場所を指定してもらうことです。これなら、場所選びの失敗はありません。女の子が今日は短時間で終わらせたいと思えばそれなりの場所になりますし、長く一緒にいたいと思ってくれたら、思いがけない展開もあるかもしれません。女の子に場所選びを指定してもらうことで、そんなドキドキ感も味わえます。

アフターは基本的に客と女の子が2人きりで行動します。女の子が自分でお店を指定することで、どこに連れて行かれるかわからないという不安をなくすことができます。信用を得ることにもつながるので、アフターの際はできるだけ女の子の要望を聞いてあげるのがおすすめです。