キャバクラとガールズバーの違い

カテゴリー 他との違いと注意点0件のコメント

ガールズバーってなに?

キャバクラと並んで、夜のお店で人気が高いのがガールズバーです。でも、ガールズバーってどんなところなのか知ってますか?女の子がいる夜のお店というのは一緒ですが、キャバクラとガールズバーはだいぶ雰囲気が違うんですよ。

ガールズバーってこんなお店!

ガールズバーは、基本的には普通のバーと変わりません。ただ、バーテンダーが若い女性というのがガールズバーのポイントです。ガールズバーは、カウンター越しの接客を受けます。女の子たちはそれぞれ好きな格好をしていますが、お店によってはメイドさんや制服などのコスプレをしています。イベントなどもあったりして、女の子と和気あいあいと楽しめるのがガールズバーの魅力です。

ガールズバーはあくまでバーの一種なので、お酒を提供するお店という位置づけです。深夜営業も可能なので、夜遅くまで楽しめます。料金システムはお店によっても異なりますが、セット料金内で飲み放題のお店が多いです。お酒にこだわりのあるガールズバーだと、テーブルチャージと別に、1ドリンクごとの料金がかかるシステムのお店もあるようです。

キャバクラとガールズバーで違うの?

キャバクラとガールズバーは、女性がいるお店というのは同じですが、かなり違うところが多いです。キャバクラのようなイメージでガールズバーにいくと、ちょっとがっかりするかもしれません。

まず、キャバクラはキャバ嬢が隣に座ってお酒を作ったり煙草に火をつけてくれたりします。ガールズバーでは、そういった接客は一切ありません。あくまでも、バーテンダーとしてカウンター越しの接客をしてくれるだけです。

そのため、もちろんガールズバーには指名制度やアフター、同伴というシステムもありません。気に入った子がいてもカウンター越しにしか話せませんし、当然触るのは厳禁です。もしもお酒を飲みながら女の子との会話を楽しみつつ、近くに座って接客してもらいたいならキャバクラ一択でしょう。

ガールズバーのいいところは、キャバクラと違って深夜まで営業できること。キャバクラは風営法のため遅くても深夜1時ごろまでしか営業できません。しかし、ガールズバーはあくまでもバーなので、深夜営業が可能です。僕はキャバクラで女の子との会話を楽しんでから、まだ物足りない時はガールズバーで飲み直すということをよくやります。女の子との会話メインならキャバクラ、お酒を楽しむのがメインならガールズバーというふうに、使い分けるのがいいでしょう。